プラシーボ効果

プラシーボ(Placebo)の語源はラテン語の「I shallplease」(私は喜ばせるでしょう。)に由来しているそうです。

そこから患者さんを喜ばせることを目的とした、薬理作用のない薬のことを指すようになったのです。

通常、医学の世界では乳糖や澱粉、生理食塩水が使われます。
従って、プラシーボ効果(反応)は、このような薬理作用のないものによりもたらされる症状や効果のことをいいます。

それはいい場合と(治療効果)、悪い場合(副作用)の両面があります。

「これは痛みによく効くよ」といわれて、乳糖を飲んで、痛みがなくなったりします。

この場合、プラシーボにあたるのが乳糖であり、
プラシーボ効果にあたるのが、鎮痛効果、治療効果です。

プラシーボ効果がどうして起こるかについては、次のようなことが考えられています。
1)暗示効果 2)条件付け 3)自然治癒力 4)その他

笑顔はプラシーボ

そのプラシーボ効果は絶大ですよ😊


参考文献
中野重行 臨床薬功評価:Placeboをめぐる諸問題のポイント 臨床薬理 Vol.2,611-615 1995

笑顔アメニティ研究所 門川義彦







期間限定!スペシャル特典!
只今、【心理タイプ別表情診断】付き
人とお金を惹きつける笑顔の秘伝書【笑顔のチカラ】
をオンラインブックで無料プレゼントします!


【あなたは何タイプ?】

ニヤニヤ?びくびく?ヘラヘラ?
ガンつけ?
それとも無表情?


メールアドレスのご登録だけで、
無料のオンラインブックを差し上げます!


この秘訣を知っているか知らずにいるかで

ビジネス、人生は大きく変わります!



みなさん笑顔って 本当に儲かるんです! あなたにもその秘密を教えます!

お金と人が集まる笑顔の秘訣を大公開!

800社10万人の実績! 門川義彦の 講演・研修・コンサルティングメニュー

笑顔の教育、組織浸透でお悩みなら 門川義彦がチカラになります! 迷っているより、まずはご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です