意識して口角を上げよう

マスク時代だからこそ、口角を上げよう

 たくさんの方から親しまれる顔は、口角が上がっています。
口角を上げる顔の体操「わりばしストレッチ」は、海外メディアが多く取り上げてくれました。
イギリスBBCは三回、アメリカロサンゼルスタイムスは一面で取り上げられ、世界中に割り箸を加えた映像が流れました。
今だから話せますが、笑顔アメニティ研究所のヒット商品「わりばしストレッチ」は、イギリスの古くから伝わる習慣、
葉書を口元に加えて口角を上げる習慣を参考にしました。映画の1シーンがヒントです。後で起源を調べたら大昔からあったそうです。
欧米の人には、口に加えるのが、葉書でなく日本の割り箸なので、大受けしました。
日本には口元を隠す習慣がありました。
マスク時代を迎え、口元が見えない時こそ、意識して口角を上げる必要がありますが、日本人はマスクに引きこもる人が多いです。顔ナシも急増中。コロナの脅威がなくなっても、他国と違い好んでマスクをする人はなくなりません。
意識しないと表情筋の衰えとともに口角は確実に下がります。
下がると老け顔になり、怖い顔に見えます。さらに、声のトーンまで下がり暗い声になります。さらに、鼻呼吸から口呼吸になりやすく、免疫が低下します。さらに...。
口角を上げるだけで、いろんな良いことがつながってきます。

笑顔アメニティ研究所 門川義彦







期間限定!スペシャル特典!
只今、【心理タイプ別表情診断】付き
人とお金を惹きつける笑顔の秘伝書【笑顔のチカラ】
をオンラインブックで無料プレゼントします!


【あなたは何タイプ?】

ニヤニヤ?びくびく?ヘラヘラ?
ガンつけ?
それとも無表情?


メールアドレスのご登録だけで、
無料のオンラインブックを差し上げます!


この秘訣を知っているか知らずにいるかで

ビジネス、人生は大きく変わります!



みなさん笑顔って 本当に儲かるんです! あなたにもその秘密を教えます!

お金と人が集まる笑顔の秘訣を大公開!

800社10万人の実績! 門川義彦の 講演・研修・コンサルティングメニュー

笑顔の教育、組織浸透でお悩みなら 門川義彦がチカラになります! 迷っているより、まずはご相談ください!

ABOUTこの記事をかいた人

門川義彦

門川義彦 株式会社笑顔アメニティ研究所 代表取締役 笑顔コンサルタント。1974年、明治学院大学経済学部卒業、大手アパレルメーカー鈴屋で地区エデュケーター、玉川高島屋店長、ファッションビジネススクール事務局長、営業本部販売ディレクターを経て、89年に笑顔コンサルタントとして独立。今までに全国の小売業、製造業、運輸業、行政・公的機関など100,000人、800社以上に笑顔研修を行う。国内経済誌紙はもとより、ロサンゼルスタイムズ紙は一面で、英国BBC放送では度々、世界で唯一人の笑顔コンサルタントとして紹介される。著書に、新刊「かんんたん笑顔呼吸」「売上がぐんぐん伸びる“笑顔”の法則」「笑顔のチカラ」「頭のいい人より感じがいい人」他、ビデオに「売上を伸ばす 門川式 笑顔のチカラ」他。TV、雑誌等メディア出演多数。・2008年~2010年 立教大学大学院ビジネスデザイン研究科兼任講師・2016年~ 獨協大学 全学総合講座「笑顔のチカラ」ゲスト講師・2018年 株式会社 日本笑顔推進協会 取締役会長 就任