オリンピックボランティア研修

オリンピックボランティア研修

埼玉県の2020年オリンピックパラリンピックのボランティアの方々に笑顔研修を行いました。
6つの会場に分かれて、ボランティアの方が自由に選べる研修、1時間のミニ笑顔研修を2回実施。選択型はとても面白い取り組みです。お会場はウェスタ川越の大会場。お陰様で約400名満席です。寒い雨の中、参加いただきありがたいですね。

受講生の反応はとても良かったですが、始まりの表情はかなり固い。僕が一番楽しんだかもしれませんが、歌や踊りはありませんが笑顔のライブ研修は盛り上がります。10分に一回は笑顔のワーク。だんだん会場は盛り上がり、心も体もポッカポカ。熱いです。もっとリラックス、もっとエンジョイ!

日本人は、笑うことはできても笑顔は苦手。集団でミラーニューロンを使って笑いを伝染させるのはうまいです。しかし、笑顔ではない。笑顔は一人一人の個性。人と比較しない自己主張、周りを意識しない感情の発露。「おもてなし」の意味も外人さんの期待するイメージと日本人のサービス観に違いがあります。日本の場合、縦割り文化から生まれた「お客様は神様」的なお作法が基本、CAやホテルなどマニュアル化しやすい仕事には向いています。しかし、外人さんが期待するのは、過剰なもてなしサービスではなく「笑顔=もてなし+フレンドリー」です。もっと自分でテンション上げて、自らが楽しむノリがないとボランティアは務まりません。頑張ることは大切ですが、それだけではダメです。

いま、日本人の表情も大きく変わろうとしています。かしこまったもてなし型からフレンドリーの笑顔へ。ラクビーのW杯の日本開催の影響は大きかった。今回の受講生は、ラクビーのボランティアをされていた方も多くいらっしゃいました。その活動を通し、気楽で気さくなフレンドリー、マニュアルの超えた笑顔の大切さを体感されています。日本の「おもてなし」に「フレンドリー」が加わった混合型です。その変化の風をボランティアの方々は感じていたようです。2020年オリンピックパラリンピックに期待したいです。令和の風は「笑顔」から・・・。

笑顔アメニティ研究所 門川義彦







期間限定!スペシャル特典!
只今、【心理タイプ別表情診断】付き
人とお金を惹きつける笑顔の秘伝書【笑顔のチカラ】
をオンラインブックで無料プレゼントします!


【あなたは何タイプ?】

ニヤニヤ?びくびく?ヘラヘラ?
ガンつけ?
それとも無表情?


メールアドレスのご登録だけで、
無料のオンラインブックを差し上げます!


この秘訣を知っているか知らずにいるかで

ビジネス、人生は大きく変わります!



みなさん笑顔って 本当に儲かるんです! あなたにもその秘密を教えます!

お金と人が集まる笑顔の秘訣を大公開!

800社10万人の実績! 門川義彦の 講演・研修・コンサルティングメニュー

笑顔の教育、組織浸透でお悩みなら 門川義彦がチカラになります! 迷っているより、まずはご相談ください!

ABOUTこの記事をかいた人

門川義彦 株式会社笑顔アメニティ研究所 代表取締役 笑顔コンサルタント。1974年、明治学院大学経済学部卒業、大手アパレルメーカー鈴屋で地区エデュケーター、玉川高島屋店長、ファッションビジネススクール事務局長、営業本部販売ディレクターを経て、89年に笑顔コンサルタントとして独立。今までに全国の小売業、製造業、運輸業、行政・公的機関など100,000人、800社以上に笑顔研修を行う。国内経済誌紙はもとより、ロサンゼルスタイムズ紙は一面で、英国BBC放送では度々、世界で唯一人の笑顔コンサルタントとして紹介される。著書に、新刊「かんんたん笑顔呼吸」「売上がぐんぐん伸びる“笑顔”の法則」「笑顔のチカラ」「頭のいい人より感じがいい人」他、ビデオに「売上を伸ばす 門川式 笑顔のチカラ」他。TV、雑誌等メディア出演多数。・2008年~2010年 立教大学大学院ビジネスデザイン研究科兼任講師・2016年~ 獨協大学 全学総合講座「笑顔のチカラ」ゲスト講師・2018年 株式会社 日本笑顔推進協会 取締役会長 就任