多慶屋 スマイル キャンペーン 1

■スマイルキャンペーン 1

上野多慶屋の「笑いのマスク」がテレビで話題である。
あえて「笑顔のマスク」とは言わない!

多慶屋のスマイルキャンペーンを現場調査した。
「笑いのマスク」を「笑顔のマスク」に変える笑顔化作戦を提案をしたい。

はじめに

私のような昔から下町に住んでいる人は、多慶屋を知らない人はいないだろう。
下町では有名な店だ。50年以上のお付き合い。今でも我が家はお得意様である。 もともとのルーツは、質屋であった。
高度成長を背景に、質流れの高級品が豊富にあり、見るだけでも夢があり、本物と触れ合え楽しかった。
百貨店で売っている有名ブランドや高級品を飛び切り安く販売していた。
百貨店全盛期にディスカウントの多慶屋として一つの時代を作った。
百貨店で売っている高級品が信じられない値段で安かった。あの感動は忘れられない。

その後、百貨店と同じように、時代の風に乗り遅れて迷走。
大手家電メーカーや通販、ECに価格競争に敗れ、ディスカウント タケヤ 紫色の殿堂も色あせていった。
こだわり続けてきた現金主義もなくなり、カードが使えるようになった。
昔ながらのベテラン社員と取引先、地元持ち家の小金持ちの年配客が支えていた。
そして、経営者は倅へバトンがつながり、現在の社長が登場する。

売り場改革は進み、商品は絞り込まれ、高級品や質流れ品も店頭から消え、総合ディスカウントセンターとして大型化した。
見やすくきれいな売り場になったが、タケヤらしさも消えた。競争力が失われて現在にいたる。
タケヤらしさは、いまのドンキのイメージに似ている。ドンキは見にくく、選びにくく、買いにくいを長所としてドンキらしさとして進化させた。
タケヤは独自路線でなく、マニュアルし従来の百貨店スタイルを目指したようだ。

タケヤらしさとは何か? まだ見えていないようだ。

安さだけで怖いもの知らずで成長してきた会社の不幸が待っていた。
上野駅前出店の失敗、近くの秋葉原にできたヨドバシカメラの影響も大きいだろう。
いま、コロナ禍に本館前に大型のタケヤビルを建築中。

その多慶屋が久々にマスコミの注目を浴びている。


【 続く 】

笑顔アメニティ研究所 門川義彦







期間限定!スペシャル特典!
只今、【心理タイプ別表情診断】付き
人とお金を惹きつける笑顔の秘伝書【笑顔のチカラ】
をオンラインブックで無料プレゼントします!


【あなたは何タイプ?】

ニヤニヤ?びくびく?ヘラヘラ?
ガンつけ?
それとも無表情?


メールアドレスのご登録だけで、
無料のオンラインブックを差し上げます!


この秘訣を知っているか知らずにいるかで

ビジネス、人生は大きく変わります!



みなさん笑顔って 本当に儲かるんです! あなたにもその秘密を教えます!

お金と人が集まる笑顔の秘訣を大公開!

800社10万人の実績! 門川義彦の 講演・研修・コンサルティングメニュー

笑顔の教育、組織浸透でお悩みなら 門川義彦がチカラになります! 迷っているより、まずはご相談ください!

ABOUTこの記事をかいた人

門川義彦

門川義彦 株式会社笑顔アメニティ研究所 代表取締役 笑顔コンサルタント。1974年、明治学院大学経済学部卒業、大手アパレルメーカー鈴屋で地区エデュケーター、玉川高島屋店長、ファッションビジネススクール事務局長、営業本部販売ディレクターを経て、89年に笑顔コンサルタントとして独立。今までに全国の小売業、製造業、運輸業、行政・公的機関など100,000人、800社以上に笑顔研修を行う。国内経済誌紙はもとより、ロサンゼルスタイムズ紙は一面で、英国BBC放送では度々、世界で唯一人の笑顔コンサルタントとして紹介される。著書に、新刊「かんんたん笑顔呼吸」「売上がぐんぐん伸びる“笑顔”の法則」「笑顔のチカラ」「頭のいい人より感じがいい人」他、ビデオに「売上を伸ばす 門川式 笑顔のチカラ」他。TV、雑誌等メディア出演多数。・2008年~2010年 立教大学大学院ビジネスデザイン研究科兼任講師・2016年~ 獨協大学 全学総合講座「笑顔のチカラ」ゲスト講師・2018年 株式会社 日本笑顔推進協会 取締役会長 就任